My Sister4

結婚前の家族

私たちにはステップマザーと呼べるのか疑わしいがそういう存在の女性が居た。

週に三日程はるばる我が家にやってきてくれていた。私たちは彼女のことをおばちゃんと呼んでいた。

彼女は食事を作り、私たちに叱咤激励をした。

通知簿の成績が悪い時などは小一時間正座したままで彼女に叱られていた。

彼女のいる日は当時放送されていた北斗の拳やドラゴンボールを観ることは許されず、午後八時には自分の部屋に行かなければいけなかった。

いつ怒り出すか分からず、一度怒り出すと誰も手をつけることが出来なかった。

彼女の行動はかなりストレスを招く為、彼女がいる日と居ない日の私のオンとオフの差は酷かった。

彼女が居る日の夕食作りでは常に彼女の後ろに立っていた。彼女が鍋を離れたら鍋にある食べ物をかき混ぜ、彼女が鍋の方に来たら洗い場に行って洗い物をした。

彼女は私を自分の右腕と呼んでいた。

しかし彼女が居ない時の私はスプーンさえも取りに行かなかった。

父も全く何も言わずに片付けから何からするので、私は少しは悪いとは思いながらも全然しなかった。

これに対して姉がした行動は、部屋に閉じこもること。

彼女が居ようが居まいが食事以外には部屋に閉じこもって出てこなかった。

用意されたものを食べ、そしてすぐに部屋に戻って行った。

———————-

We had a step mother, even though I don’t know if I could call her that.

She came and stayed at our house about three days a week.
We called her “oba-chan.”

She cooked meals, scolded us, and encouraged us.

When I got a bad score on my report card, she scolded me for about one hour while sitting straight.

When she was at home, I was not able to watch “Hokuto no Ken” or ” Doragonball Z” which were broadcasting at that time, and I had to go to my room until eight at night.

I didn’t know when and about what she would get angry, and nobody was able to stop her anger.

Because her existence caused me so much stress, I acted a totally different person in front of her.

When she was at home, I always acted like a good girl.
I stood behind and helped her while she cooked dinner.

She called me “right-hand girl.”

However, if she was not at home, I did nothing, not even taking a spoon out of a drawer.

My father didn’t say anything. I felt a little bad, but I didn’t move at all for him at that time.

On the other hand, the way my sister chose to act was to stay in her room.
She didn’t care whether the lady was there or not.
She just went out for dinner, and after that, she went back to her room right away.

コメント

タイトルとURLをコピーしました