My Sister 6

結婚前の家族

私が中学生の冬、継母がすごい剣幕で父に怒鳴り散らしながら去って行った。継母は事の経緯や去ることを母方の祖父に話していたようだった。

祖父は子どもの元を去り二度と戻らない母の行いを申し訳ないと思っていたようで、祖父は家に泊まり込み、ご飯などを作り始めた。

彼が自分の家でご飯など作らないことは知っていて、いつも祖母が料理を作り、祖父は椅子に座って新聞を読んだりテレビを観たりしていた。

彼はどちらかというと説教くさくて威圧感のある人だった。また、祖父は私たちが何をしたかを全て知っておきたい人だったので、時々今日は何をしたかと尋ね、それを毎日日記に書いているようだった。

私は祖父が慣れないことをしていることに申し訳なく思いながらも居心地の悪さを感じていた。

そしてある日突然姉が家を飛び出した。

暗闇の中、裸足で。

それを目の前で見ていた私はヤバイと思って追いかけた。

すっかり姿を見失い、村中探し回っても姉は居なかった。

帰り道、公民館に一瞬電気がついた。
姉がそこに居る、と思った私はその公民館に入って行った。

何年かぶりに姉と話す。

なのに姉はクラスメイトに接する人気者のように明るく爽やかな反応で私を迎え入れた。

その笑顔を傷つかない為の仮面であることに気づいたのはしばらくしてからだった。

My step mother left our house after she screamed at my father one winter when I was in middle school.
It appeared that my step mother had told my maternal grandfather that she was leaving.

My grandfather had felt ashamed that my actual mother had abandoned us and never come back.

He came to stay at our house to cook meals and stuff like that. We knew that he wasn’t used to cook at his house because his wife always cooked as he just sad down on a chair reading news paper and waching TV. He was an intimidating type of man used to preaching people. He also needed to know everything about what we did, so he used to ask us for details about our day to record in his journal.

Although I felt really bad watching my grandfather doing things he wasn’t used to do, my sister and I both felt uncomfortable staying home.

One night, my sister suddenly left the house with no shoes.

When I saw it, I felt something bad would happen, so I chased after her.

I couldn’t see her at all. I was nowhere to be found. On my way back, I saw a light turning on and off at the village’s community center.

I thought she might’ve been in there, so I entered the center.

We hadn’t talked much for years, but she welcomed me with the cheerful voice she used with her classmates. It was much later that I found out her smile was just a protective mask to cover up her emotional scars.

コメント

タイトルとURLをコピーしました